日記(令和初)

日記である。デイリーでもマンスリーでもないタイミングで書くので間違いなく日記ではないけど、エッセイなんて自称できるものでもないので、日記という体で、新元号特別号を刊行いたします。

元号が変わってからの出来事といえば、基本的に体調不良に悩まされているだけだった。食後の吐き気に始まり、車酔い、聴覚過敏、消化器系全般の衰弱といった具合で、体調不良→ストレス→体調不良→(ryの悪循環にハマってしまっている。今日も体調が優れない中、ふと日記を書いていたことを思い出したので、どんな事を書こうか考えて気を紛らわせていた。そういう意味では今回の日記は構想に10時間ほど掛けてしまっている為、煮詰まった文章がグズグズに伸びてしまっています。

今一番困っているのは、食事がおもしろくないということで、吐き気を催してしまう恐怖と、オマケでついてきた顎関節症が食事を面倒にしてしまった。食事に関する感心が薄れると、何も考えずに作れるように一様な物しか食べなくなり、より一層食事がつまらなくなってしまうというループがこんなにも厳しい物だとは思ってもみなかった。外食などすればいくらか新鮮味はあるものの、外で気分を悪くする事を考えてしまって、それだけで呼吸が浅くなってしまう。自分はこういう場合、(全部どうでもいっか~~)と投げやりに考える事で以前のペースを取り戻そうと努力している。

 自分がこれまでに見た人の中で一番「どうでもいっか~~」状態にあったのは、散歩中に遭遇した、酒を飲みながら自転車を手押しするオッチャンである。そうとう酔っ払っていたのか、散歩する自分を見るやいなや「これから嫁入り行列にいくんか~~???」と突然話しかけてきた。どう見てもハレの日とは程遠い自分に、色々な意味でお目出度さを感じる絡みは、小さな女の子をうやうやしくお姫様扱いしてくれるディズニーのキャストっぽくもあった。そんなことはない。

別次元からの突然のコンタクトにどうする事もできず、適当にあしらっていたら、そのうち自転車に乗って颯爽と走り去っていった(飲酒運転!)

 

 

「最近どうですか」「何か面白い話をして」と言われると大変困ってしまう。自分の中のエピソード記憶を能動的に取り出すのが苦手だからである。いつかあった面白い話や、直近の出来事を思い出そうにも、「そこに記憶が存在するのにそれがなんだったか思い出せない」という脳の仕組みになっていて、さながら商店街の閉店した区画が以前何の店だったか思い出せないような物で、自分の記憶領域はどこもシャッターが下りている。

一方で、本当にどうでもいいタイミングで昔の出来事や豆知識が降りてくるので、せっかく思い出したのだから披露すべしとその場にいる人に脈絡が無さすぎる話をしてしまう事もままある。そこで、そういった類のエピソードや所感をスマホにメモる事にした。今の所は「怖いもの」「やってみたい事」「後で考える事」に分けている。ランダムなタイミングで出現する思い出を集めていくのも、バケツに水を張って宇宙塵が降ってくるのを心待ちにするような面白さがあるかもしれない。

が、如何せん飽きっぽいので今回もそのうちやらなくなるだろうと踏んでいる。頭の中にはそういった思いつきが苔むして堆積しているが、それが何だったのか、もはや思い出せない。

 

他に何か書こうと思っていたことも思い出せなくなったので早速メモ帳を開いた所、「怖いもの」メモにはこの様に書かれていた

f:id:wasajiro:20190629231723j:plain

今の所、「怖いもの」メモには「巨大な海藻」としか書かれていないので、巨大な海藻の怖さについて解説しようと思う。

なぜ自分が巨大な海藻が怖いか端的に言えば、自分が立っている高さより下に様々な物が存在していることを示唆させるからだと思う。

基本的に、陸上で生活してる人、動物、ネコは地中の様子を伺う機会は無い。工事中であったり、穴があれば入りたい気分の人は別にしろ、「自分が立っている地面の下に存在する物」を意識することはそれほどない。地中に何かしらの危険物や事件性のあるものが埋まっているのは当然怖いが、地面が透けて見えるわけでも無いので穏やかな気分で生活できる。

ところが海ときたら、スケスケである。足元を見れば毒魚毒貝毒クラゲ、大量の水だけに飽き足らず、実にデッドリー。大体の人は高所から下を見下ろせば足が竦むものだろうが、海の深さも同等かそれ以上に怖い。巨大な魚、アカエイタカアシガニマリアナ海溝、そんな途方もない数の恐怖要素を含む海でもっとも怖いのが、巨大な海藻である。巨大な海藻がある地点は、当然それなりの深さであって、当然恐ろしい魚もいるわけで、そんな場所と海面を一繋ぎに結びつけてしまうのが巨大な海藻だ。巨大な海藻の恐怖がおわかり頂けただろうか。

それでもわからないという人は、自宅のベランダと近所でウワサの心霊屋敷がロープウェーで繋がれていると考えてみて欲しい。自宅は全く安全であっても、ロープウェーから”何か”がやって来るような恐怖を感じて、あなたは毎晩ベランダの鍵をしっかり掛け、忌々しいロープウェーが目に映らない様にカーテンを閉めるだろう。要はそういう事である。巨大な海藻は、海中に蠢く何かの存在を予期させ、あまつさえ陸上とそこを結びつけてしまうのだ。本当に、怖い。

 

こういった事を、自分は常に考えているので、基本的に愉快な夢を見ません。今日は強盗に押し入られる夢を見ました。今晩は確実に巨大な海藻の夢でしょう。宝くじか隕石にでも当たって楽しくなればいいのになと思います。

 

おわり

 

STM32F103(Blue Pill)へSW4STM32から書き込もうとしてwrong device detectedと出た時の忘備録

絶対に忘れるのでほぼ自分用メモ

SW4STM32から中華ST-Link v2を使用してBlue Pillボードに書き込もうとした際、wrong device detectedと出て書き込めなくなった。

ST-LINK Utilityをインストール、Target -> Erase Chipを実行しチップをリセットしてからSW4STM32での書き込みをやり直したら無事に通った。

ST-LINK Utilityへの接続がうまくいかない場合、ボード上のBOOT 0ジャンパを1に、BOOT 1を0にセットする。消去が完了したらどちらも0にセットするのを忘れずに。

 

追記

Erase Chipを実行した後、一度は書き込みが成功したものの、再度同様のエラーが出て書き込めなくなってしまった。

試行錯誤の末、ボード上のリセットボタンを押しながら書き込みを開始、コンソールの文字が一度すべて消えた瞬間に離す事で書き込める事がわかった。多分もっとスマ~トな解決法があるはず……

 

参考

OpenSTM32 Community Site | OPENOCD Debug doesn't work, but on STM32 ST-LINK Software works

https://community.st.com/s/question/0D50X00009XkY4CSAV/can-not-connect-to-target-using-st-link-utility

STM32F103

海外通販の記録(その2)

 

(その1)の写真とリンクがずいぶん増えたので6月分から分割することにした。

(その1)↓

 

BanggoodとかAliexpressとかeBayとかで買った物の記録。他人の購入記録を見るのが好きなので自分も記録する事にした。だいたい電子部品。2017年9月頃に届いた物から。リンクは一部アフィリエイトになってるので買ってもらえたらうれしい。

 

 

続きを読む

IN-14の製造年による違い

ウクライナから注文していたニキシー管(IN14)が届いたので年代順に並べてみたところ、76年以前と78年以前のもので違いがあった

時計を作る時に新旧混在してると人によっては気になるかもしれなかったり、裏面の製造年月日の表記が消えてて製造時期がわからない時の目安になるのかもしれないのでメモとして残しておきます

f:id:wasajiro:20180412233836p:plain

77年製造のものは手元に無かったのでわからないが、上の画像の右4つが78年~のもの。…旧式の管がずいぶん送られてきたけど全部光った。

f:id:wasajiro:20180412231000j:plain

左が旧タイプで右が新タイプ。違いとしては

  旧タイプ(~76年) 新タイプ(78年~)
メッシュの六角形の並び(うまいこと画像並べられなかった)

f:id:wasajiro:20180413000420p:plain

f:id:wasajiro:20180413000427p:plain
メッシュの取り付け穴 メッシュのエリア内 メッシュに付いた取っ手の様
数字のフォント  

f:id:wasajiro:20180413000612p:plain

背面の表記の違う部分 ローマ数字と目みたいな奴→⦿ ”СССР”と入ったロゴ

みたいな感じ。他にもあるかもしれない(スマホ版だとここの表が表示されないのでPC版に切り替えてください)

点灯した時に違うのか検証してみた

f:id:wasajiro:20180412231007j:plainf:id:wasajiro:20180412231010j:plain

よく見ると微妙にグローの部分が違う。本当に微々たる違いなので違いな問題になるとしたらフォントよりもメッシュの形状だと思う。明るさが違って見えるのはホワイトバランスの違いだけど、製造年によって消費電流が違うという噂もあるらしい
 メッシュを折り曲げる時により綺麗に折り曲げる為に方向を変えたのかなあ、とか考えた

トップの画像にもある管のうち、一部の76年の管は"СДЕЛАНО В СССР"と書いてあった。グーグル先生曰く"made in USSR"という意味らしい。ステキだ。

f:id:wasajiro:20180413002335j:plain

 

何かの役に立てば幸い

おわり

(追記)

nixie-tube.comを見てたら、IN-14 type-Bというのがあった。76年以前の管はどうやらこれらしい。確かに4の形が違った

ニキシー管 > IN-14 type-B

 

格安中華ガス式半田ごてを買った(HS-1115K)

買ったって言っても一ヶ月くらい前ですけど、日本語のレビューが無かったので残しておきます。

 

モバイル半田ごて欲しくない?

欲しい。この記事見て欲しくなった。これがあればどこでもハンダ付け出来るじゃん!!時代はワイヤレスだから!!でもって、電池式よりはガス式の方がモノとして面白そう!!

 

とは言え、別に外でハンダ付けするわけじゃないからなあ...と思いつつAliexpressで探してたら値段もお安く良さそうなのがあった。HS-1115Kというやつ。

アタッチメントが色々付いてて自己着火出来るし半田ごてに付いてる簡易の足も便利そう。そして何よりも、コテ先を外してヒートガンとして使えるのがイイ。

購入を迷ってた時にこの動画でヒートガンとして使ってるのを見て買ってしまった。(11:30~辺りから)

 

 

開けた様子

f:id:wasajiro:20180225013845j:plain

5種類のコテ先とスクレーパーとコテ台withスポンジ、本体とキャップの他に(多分)共晶ハンダのオマケ付きです。RoHS過激派なので使わないと思う。実際に使ってる様子は上記の動画を見ればわかると思います(投げやり)

燃料はブタンだけど、ガスコンロ用のボンベはガスの配合が違うらしいのでガス式半田ごて専用として売られてるブタンが安心。自分はこれ使ってます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B001PR1LCI

付属していたマニュアル。

f:id:wasajiro:20180225014448j:plain

いにしえの基板からニキシー管を取り外すのにも大活躍。燃焼室を取り外すとガスバーナーとしても使えます。

f:id:wasajiro:20180225015425j:plain

使う前にガスを注入して、着火する一手間が楽しくて良いです。おわり

 

 

 

 

2018年!+ニキシー管とか

新年明けました。

2018年もゆるくやっていきます。

 

年末年始は梅澤無線電機札幌店で電子部品詰め放題をやってきた。LED700個くらいとドットマトリクスLEDが20個くらい、タクトスイッチとその他色々詰めて300円。電子部品の詰め放題はすごい楽しいという事がわかった。LED、一体何個在庫してるだろうか...使い切れない気がする。

その帰りにすみれ本店でラーメンを食べた。おいしい。

 

去年、ロシア土産にニキシー管(IN-14)を貰ったので点けてみた。

NJM2360で12V→200Vの昇圧回路を組んで10kΩの抵抗を入れて点ける。78年製の物が未だに使えるのはちょっとした感動がある。裏には"CCCP"と星のマークがあってソ連感満載。

これまでは精々VFDの25V程度だったのが一気に200Vになったので非常におっかない。

ニキシー管ドライバが届いたら時計を作ってみようと思う。折角なのでGPSモジュールも注文してある。

 

f:id:wasajiro:20180113232244j:plain

VFDも好きだけどグローの明かりもよい。ガラス管に入ってるというだけでロマンである。

おわり

 

ミネラルショーに行った(日記)

日記である。

 

朝、起きる。9時半。ん?

今日はオタクとミネラルショーに行くのだ。待ち合わせの時間に間に合わせるには9時(AM)に起きる必要がある。あったのだ。起きたのは9時半。マジ?

いや、正確には3時と7時と9時に目が覚めた。その都度スマホで確かめた。問題なのは、9時に目が覚めたのに起きられなかった点だ。布団がぬくかったから...。

仕方ないのでまあまあ急いでカップ麺のうどんを作る。時間が惜しいので2分で食べ始める。中卒も棚にあったのだけれど、まあ無理だな。

遅れる旨連絡し、家を出る。普通に寒いな。秋が短すぎる。とは言えもう12月だしな。

 

電車、それなりに空いていたので無事に座れる。毎朝7時頃に電車に乗っていた頃は本当にしんどかった。行きも帰りも人だらけで。しかし、くたびれたリーマンを眺めるのは悪くないので、帰りの電車はナシでは無かった。ツムツムやってるくたびれたリーマン、良い。

 

池袋駅に着く。なんか、個人的には新宿駅より池袋駅の方が難しい気がする。案内表示が見つからなかったりして毎回迷う。

で、無事に合流。ミネラルショーに向かう。

道中、同じ方向に向かう人は結構行き先が同じだった。

チケットを買って入場する。会場が結構広い。聞いていたとおり海外から出店しに来てる人が多かった。

小学生の頃水晶とか好きだったなーと思いつつぶらつく。鉱物だけでなく化石も売っている。実は年に一度北海道某所に化石を掘りに行く自分である。とあるショップに化石のノジュール(化石が詰まった未クリーニングの石の塊)が1個500円で売っていた。ガレージに4箱くらいのノジュールが溜まっているので、売ったらまあまあな金額になるな。と思う。

なんか、購入金額が合計で2000円以上になると福引が一回引けると言うのでそれならしょうがないと買い物をする。ビスマスと、三葉虫と、食用岩塩のアソート、値段調節の水晶。結局福引は外れた。

一通り見終わったので昼食にする。回転寿司!うまい!馬刺しと豚ロース炙りばっか食べた!

腹ごしらえを済ませた後はブックオフに行く。デンキ街の本屋さんが10冊で1000円だったので買う。

それからジュンク堂に行く。色々と本を見る。機構学の本を見たけれど探しているものが無かった。

と、一通り池袋で遊んだのでオタクとはここで解散にする。

 

オタク一人、東京近辺、空き時間。アキバに向かわないはずがなく......

 

というわけでアキバに行く。3Dプリンターの排気用にジャンクのPCファンと、ペルチェ素子の冷却用のヒートシンクとグリスを探しに行く。

登山客が頂上についたら深呼吸するように、アキバオタクはアキバの空気を深く吸い込むのだ......そう、これだよこれこの空気

秋月に向かったものの、もう閉まっていたので千石に入る。店頭に盆栽キットが売られている。ちょっと欲しいな。でもやめておく(何故ならオタクリュックは既に漫画と石で満杯だったからだ)

マイコン&ラズパイ売り場が変わっていた。地下売り場に向かう。いっつも思うけど階段急すぎない?手すりが欲しくなる。エレベーターを使えばいい話だけど。

地下売り場にも特に買う必要のあるものは無かったので、買わずに出てくる。ジャンク詰め合わせが売ってたら危なかった。

そのまま並びを向こうに行った所にあるマルツ別館に行く。ジャンクを見る。我慢する。えらい。

その後、駅から遠い方のマルツに行く。二階のセール品コーナーは変化なし。

さて、PCファンとヒートシンク探しである。千石でヒートシンクを見たけど、PCパーツ屋の方が種類あるかも、と買わずにいたのだ。

とりあえず黒いツクモに向かう。いい感じのヒートシンクがあったのでつかむ。近くにジャンクと称されて袋詰された大量のグリスもあったのでつかむ。レジに投げる(投げてない)。会計をカカオで済ませ(マヤ族である)、よくよく見たらヒートシンクに熱伝導粘着テープ貼ってあるじゃーん。このグリスはどうしたらいいんだ...?

それは兎も角として、ファンを探す。じゃんぱらとかハードオフを探したけどいい感じのものは見つからなかった。PCパーツ屋には疎いのと、いい加減足が疲れてきたので帰ることにする。さらば秋葉原...

駅で朝の茶事を買う。またお前か。綾鷹を入れてくれ。

帰りの電車も座れた!人生の勝者と化したが、ツムツムをやってるくたびれたサラリーマンは居なかった。

帰宅し、カレーと刺し身を食べる。ミネラルショーで買ってきた岩塩アソートを試す。ヒマラヤ産の黒岩塩が物凄いゆで卵の味がした。硫黄が含まれているらしい。塩だけで「塩を振ったゆで卵(ゆでたて)」の味がするのはかなり面白い。が、いかんせんクセが強すぎる。いつだってゆで卵のフレーバーを感じていたいほどゆで卵が好きなわけではないのだ。

風呂に入る。むしろ、あの岩塩は風呂に投入するべきじゃないのか?などと。

風呂から上がって、デンキ街の本屋さんを読む。水あさと先生の泣き顔、良い。オタクスマイルを浮かべる。

そして、日記を書いている。ビスマスが綺麗だったので写真を撮ったのだが、何故かいつまで経ってもアップロードできないので、各位画像検索されたし。

まだ薬を飲んでないのに若干眠くなってきた。健康~~

 

おわり