読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイッチサイエンスで買ったラズパイゼロが届いたのでケースをつくった

先月くらいに日本でもラズパイゼロの取扱が正式に始まったのですが、スイッチサイエンスのサーバーが落ちたりなんやかんやありながら注文したものが無事に到着しました。

いい感じにアクリルが余ってたので今回もケースを誂えました。

f:id:wasajiro:20170330195846j:plain

左が今日届いたもの、PiBowケースに入っているのは以前から持っていたものです。(右はZero W)

f:id:wasajiro:20170330195833j:plain

特に使い道は決まってない

アクリルの切断も慣れてきました。スペーサーがもう少し低くてもよかったとは思いますが出来に満足です。

今回はアクリルの接着をしていないので汚れが少なくて見た目が良くなりました。今後もこの方式がいいかもしれない....

アクリル板は2mm厚の物ですが、3mmくらいあっても重厚感が出てオサレになりそうです。ラズパイに元々空いている穴は3mmのネジが入らないのでドリルでゴリゴリやって広げています。

それでは

 

Raspberry Pi Zero Wが発表された(ポチった報告)

www.raspberrypi.org

なんてこった

Raspberry pi ZeroにWifiBluetoothが内蔵されてしまった。

 

「今年は新製品出さないでソフト面で注力するんかな~」と思ってたらとんでもないサプライズをやられた。

Zeroの弱点というか欠点というか、であったMicroUSBがWifiドングルで埋まる問題を解決してさらにBluetoothまで載せてくるとは。これならラズパイシリーズの入門機として申し分ないだろう。

 

f:id:wasajiro:20170228233842p:plain

 よくみるとカメラコネクタ近くにインダクタ(4R7と書かれているもの)が追加されてる?

電源周りが貧弱で電源を入れたままUSB機器を抜き差しすると強制的に再起動される現象がZeroであったしそこの改善もあるのかも。

 

......

発表を見てしばし意識を失っている間に注文が完了していた。イッケネー

スイッチサイエンスでもZeroを一台注文してしまっているし、どうしろという感じもするけどまあいっかー!たーのしー!

Pimoroniで今見たら単体で9.6ポンドに値上がりしていたからラッキーだったのか、それとも追加で請求されるのかわからないけどとりあえずPibowと一緒にポチったので到着を待とうと思います。

f:id:wasajiro:20170228232924p:plain

おわり

 

Onion Omega2のストレージを拡張する

Onion Omega2は16MB、Omega2+は32MBのストレージがデフォルトでついていますが、上位モデルでも使っている内にストレージが足りなくなってくると思います。

そこで、Omega2+のSDカードスロットや、USBメモリなどを使ってストレージを拡張したので記事にしておきます。

f:id:wasajiro:20170222223359p:plainストレージ拡張後

続きを読む

RaspberryPi3でSC1602BSLBを使う

先日秋月に行った際、700円でバックライト付きのキャラクタLCDを見つけたので買いました。

LCDキャラクタディスプレイモジュール(16×2行バックライト付): ディスプレイ関連 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

SC1602というシリーズのようです。I2C接続ではなくGPIO接続です。

使い方を色々探してみましたがAdafruitのいい感じの記事(Overview | Character LCD with Raspberry Pi or BeagleBone Black | Adafruit Learning System

があったのでそれを参考にしてやりました。備忘録として残しておきます。

部品

・ラズパイ

LCD(SC1602~) SC1602シリーズなら大丈夫だと思われます。自分のは~BSLBです

・可変抵抗器(10kΩ) 文字のコントラスト調節に使います

・抵抗(150Ωくらい) バックライト用の抵抗です。無くても点灯しますが発熱がすごいのでちゃんと抵抗を挟んだほうがいいと思われます

 

配線

ピンの1番と2番のVdd(5V)とVss(GND)がモノによって逆の場合があるみたいです。適宜データシートを参照してください。

バックライトは基盤裏面のJ3をショートさせて電源を共有できます。抵抗は150Ωくらいが丁度いいと思います。

 

LCDピン | GPIO

#1  <----------> 5V

#2  <----------> GND

#3  <----------> 可変抵抗器の真ん中の足(両側の2本の足はそれぞれ5VとGND)

#4  <----------> #27

#5  <----------> GND

#6  <----------> #22

#7~#10は使用しません

#11  <----------> #25

#12  <----------> #24

#13  <----------> #23

#14  <----------> #18

 

 

必要なパッケージのインストール

pythonのビルドに必要なパッケージやpipやgitやらをインストールします

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install build-essential python-dev python-smbus python-pip git

$ sudo pip install RPi.GPIO

 

スクリプトのダウンロード

$ cd ~

$ git clone https://github.com/adafruit/Adafruit_Python_CharLCD.git

$ cd Adafruit_Python_CharLCD

$ sudo python setup.py install

 

スクリプトの実行

$ cd examples

$ sudo python char_lcd.py

うまく行けば画像のようになった後、いくつかの機能のデモが始まります

f:id:wasajiro:20170207172423j:plain

何も映らない場合、可変抵抗器を調節してみたり、ピン接続を見直してみてください。

 

char_lcd.pyを読めば表示機能がある程度理解できると思います。

その他の詳細はAdafruitの記事を参照してください

Overview | Character LCD with Raspberry Pi or BeagleBone Black | Adafruit Learning System

 

Raspbian PIXEL起動時のスプラッシュスクリーンを消したり変えたりする

らずぱいが好きなフレンズのみなさんこんにちは

 

Raspbian最新バージョンのPIXELでは、従来の起動時に文字がバーッって出てくるアレがなくなり、画像が表示されるようになりました。

文字がバーッって出てくるのが好きなオタクとしては旧バージョンの起動画面がよかったので元に戻します

元の起動画面に戻す

/boot/cmdline.txt

を開いて、

quiet splash

を削除します。元に戻す時は書き直せば大丈夫です(rootwaitの後に)

 

画像を変える

/usr/share/plymouth/themes/pix/splash.png

にあるsplash.pngを任意の画像に変更します。sudoを使うかrootユーザーってやってください。PNGじゃないとダメみたいです。

f:id:wasajiro:20170206233352p:plain

Lainみたいでカッコイイですね。いつもこんなこと言ってる気がします。

 

 

Onion Omega2が届いた

やっとこさ届きました。Indiegogo組の最初の出荷パッチみたいです。

f:id:wasajiro:20170127230514j:plain

箱はマットな質感でなかなかいい感じです。画像では中身を出してますが実際は静電気対策用のビニールに包まれてました。

技適マークは見受けられませんでした。Onion.ioにお願いしたのでもしかしたらそのうち取得してくれるかも。

注意点として、Omega2単体だとピンヘッダが2.54ピッチではないのでブレッドボードに刺さりません。拡張ドックも一緒に買っておくのが無難だと思います。

剥き出しでショートしたら嫌なのでアクリルでケースを誂えてあげました。

docs.onion.io

公式の豊富なドキュメントがあるのでここを見ればなんとかなると思います。

 

 

では

 

Onion Omega2の技適問題

ちょっと前に話題になった、安価でLinuxが動いてWiFiも搭載しているボード、Omega2というのがあります

gigazine.net

11月頃にIndiegogoでBackしました(Kickstarterでのキャンペーンは既に達成、終了していたため)

 

12月に入って発送が始まり、TwitterYoutubeにも少しずつ到着報告が見られるようになりましたが、出荷時に知らされるはずの追跡番号が送られてこない、途中から追跡されなくなったなどの苦情が相次ぎ色々と対処に追われているっぽいです。

既に発送されているはずのものが未だ発送されていないことが発覚するなど、なかなか「おお?」となる話ではありますがゆっくり待とうと思います。クリスマスには間に合わないけれども

 

さて、日本でWiFi機器を使用する際に技適の認証を受けていることが必要ですが、Omega2は認証されていません。なので問い合わせてみました

"We are currently looking into it."

私たちは現在それを調べています。(グ翻訳)

とのことです。

Backした日本人もそれなりにいるようなのでいつか取得してくれるかも知れないですね。しばらくは出荷対応で忙しそうですが。

到着したら開封記事くらいは書こうと思いますが年末年始で帰省してる時に届きそうな予感がしてなりません。

 

12/23追記:

Indiegogo組の発送はKickstarter組の後で、1月からになる予定だそうです。