raspberry pi の温度を定期的にDMで自分に送る備忘録

やあ。今回もヘラ話ではないんだ

 

少し前にraspberry pi 3を買って色々いじってる間に、twitterbotとして使ってみようと思いたちtwythonを使って定期的に温度を呟かせてたわけだけど、一時間に一回自分以外に意味の分からないツイートをTLに流すのも申し訳なく思ったので自分宛てにDMを送る形で温度を知らせることにした。

TwythonでDMを送る

プログラムは基本的にここに書いてあるのを使った

ysdyt.github.io

 

変更したのは一番最後の行を

api.send_direct_message(user_id='ユーザーID', text='テキスト')

にするだけ。ここでのユーザーIDは@hogehogeではなく、個々に割り振られたナンバーのことなので(@hogehogeでもできるかもしれないけど)

Twitter IDチェッカー | ユーザーIDの調査・追跡サービス

このへんで調べよう。バラク・オバマなら813286だ。DMは送らないほうが懸命だと思う。

 

 

Twythonでいろいろ遊べそうなので思いついたら適宜作っていこうと思う。

ちなみにPIMORONIくんからはまだ荷物が届きません。明日あたり来そうな予感がしているので待ちます。