KiCADとFusionPCBで初プリント基板作ってみた

以前作ったVFD時計を、勉強も兼ねてプリント基板にすることにしました。

自前でエッチングするのは色々と手間だと思い、PCB製造サービスに注文することにしました。

国内外に色々なサービスがあるようでしたが、サイトの日本語対応や安価な値段に釣られてFusionPCBに注文しました。

 

 

 

基板データ作り

まずは基板データ作りです。CADはフリーで良さげだったのでKiCADを使うことにしました。自分的にはとても使いやすかったです。

詳しい使い方は他所に任せるとして、FusionPCBに注文する場合の要点だけ解説します

デザインルール

PCBを注文する為には、各サービスが定めるデザインルールを満たしている必要があります。FusionPCBのデザインルールはこちらを参考にしました。

nabe.blog.abk.nu

多少ルールを満たしていなくても製造してくれるそうですが、初めてなので余裕のある設定にしました。

 

Pcbnew → デザインルール → デザインルール → ネットクラス エディタ

f:id:wasajiro:20171018174512p:plain

 

Pcbnew → デザインルール → デザインルール → グローバル デザインルール

f:id:wasajiro:20171018174803p:plain

 ガーバーデータとドリルデータの出力

基板設計が終わったらガーバーデータを出力します。

Pcbnew → ファイル → プロット

f:id:wasajiro:20171018180106p:plain

各種設定を済ませたら、"製造ファイル出力"を押します。

次に"ドリル ファイルの生成"を押すと設定画面を開きます。

 

f:id:wasajiro:20171018180751p:plain

ドリルファイルはこの様に設定しました。

今回はNPTHを使わなかったので"PTHとNPTH穴データを一つのファイルにマージ"は有効にしませんでした。PCB製造サービスによってこの辺は規定が違うみたいです。*1

設定したら"ドリル ファイル"を押して出力します。

出力したファイルを纏める

ガーバーデータとドリルファイルの出力を済ますと指定フォルダに8つのファイルが出力されているはずです。

f:id:wasajiro:20171018181523p:plain

ドリルファイルである.drlは.txtに、それ以外は拡張子以外のファイル名を統一します。

f:id:wasajiro:20171018181909p:plain

こんな感じです。最後に改名したファイル達をzipかrarにまとめてデータの用意は完了です。

FusionPCBに注文する

fusionpcb.jp

日本語化されているので特に問題は無いと思います。"ガーバーファイルを追加"を押してさっき作ったzipかrarを投げて、オプションを選択するだけです。今回は初回だったので一番安いオプションを選びました。

100mm*100mm、10pcsで4.9$(送料別)って凄いですよね。*2

配達はその時次第で利用できる会社が変わるそうですが今回はDHLを選びました。送料は$18.66でした。ちょくちょく変動するみたいです。

注文完了から到着まで

f:id:wasajiro:20171018184029p:plain

注文を済ませると注文履歴から状況が逐次確認できるようになります。

自分は9/30にオーダーしましたが、タイミング悪く中国の大型連休である国慶節の影響で10/01~10/09までFusionPCBの製造元であるSeeed Studioが休みでした。

注文は30日のうちに通りましたが実際に製造が始まったと連絡が来たのは10/07になってからでした。土日の休日は返上して製造してくれたのでしょうか。

10/10には製造が完了し出荷された様です。到着を待つ間にDHLについてググってみたら悪評が散見されましたが、FedExにしたってそうでしたし、そんなもんなんでしょうね。

バグなのか何なのか、追跡番号を見つけることが出来ませんでしたが、サポートにメールを送った所すぐに教えてくれました。

youtu.be

10/12に、これを見てゲラゲラ笑ってたら無事到着しました。国慶節が無ければ製造から到着まで実質5営業日くらいでしょうか。めっちゃ早いです。

f:id:wasajiro:20171018185333j:plain

自分で設計した基板が実際に手元に到着した時は結構感動です。

趣味丸出しの基板が作れるのも自作のよいところですね。

f:id:wasajiro:20171018190000j:plain

シルクはどれもくっきり出てると思います。他のサービスを利用した事がないので比較は出来ませんがボケ、かすれなどもほとんどありません。R3が重なってるのは自分の雑な設計で、写真上部が少しボケているのは被写界深度の関係です。

表面と裏面で同じ位置にあったシルクがくっついて?少しかすれていた以外は問題など見当たりませんでした。レジストも大きなズレなどありません。レジスト色は緑が一番安定しているらしいので他の色によっては違う結果になるかもわからないです。

レジストの中に細かいゴミが入っていたりもしましたが致命的なものはありませんでした。

製造番号は裏面の隅にシルクで入ってました。タテ2mmヨコ6mm程度で目立ちません

まとめ

100mm*100mmサイズが10枚で基板本体が$4.9、配達がDHLで送料が$18.66、合計で$23.56でした。安い!

安くて、品質も中々で、製造も早くて、輸送会社次第では到着も早いのでとても良いです。サポートは日本語OKで返事もスピーディーです。

今後またプリント基板を作る時は別のサービスも試してみようと思います。

 

では

*1:FusionPCBは一緒のファイルにして大丈夫だった...はず...

*2:100mm*100mmで4.9$なのは5回目の注文まで、みたいな事がよくある質問に書いてあるのでずっとではないみたいです