STM32F103(Blue Pill)へSW4STM32から書き込もうとしてwrong device detectedと出た時の忘備録

絶対に忘れるのでほぼ自分用メモ

SW4STM32から中華ST-Link v2を使用してBlue Pillボードに書き込もうとした際、wrong device detectedと出て書き込めなくなった。

ST-LINK Utilityをインストール、Target -> Erase Chipを実行しチップをリセットしてからSW4STM32での書き込みをやり直したら無事に通った。

ST-LINK Utilityへの接続がうまくいかない場合、ボード上のBOOT 0ジャンパを1に、BOOT 1を0にセットする。消去が完了したらどちらも0にセットするのを忘れずに。

 

追記

Erase Chipを実行した後、一度は書き込みが成功したものの、再度同様のエラーが出て書き込めなくなってしまった。

試行錯誤の末、ボード上のリセットボタンを押しながら書き込みを開始、コンソールの文字が一度すべて消えた瞬間に離す事で書き込める事がわかった。多分もっとスマ~トな解決法があるはず……

 

参考

OpenSTM32 Community Site | OPENOCD Debug doesn't work, but on STM32 ST-LINK Software works

https://community.st.com/s/question/0D50X00009XkY4CSAV/can-not-connect-to-target-using-st-link-utility

STM32F103